メタルマッスルHMBの評判を検証する

メタルマッスル

メタルマッスルHMBがとても話題になっているようですが、実際に使用した人たちはどのような感想を持っているのかも気になります。

実際にインターネット情報をみなさんが信用しているのかもしれませんが、メタルマッスルHMB 効果 とか、メタルマッスルHMB 評価 メタルマッスルHMB 口コミなどで検索して、ほとんど効果抜群な評価ばかりで、何かちょっと怪しい、これは業者のサクラや、広告に過ぎないのではないか……という思いもしてしまう時があるのではないでしょうか。

よく口コミをしっかり見て購入しましょうということを言いますが、メーカーが意図的に、売り文句をコピペして、いくらでも作り替え出来てしまうのです。そのような口コミを見て、みなさんは、ああそうか、やっぱりメタルマッスルHMBって思っていたとおり効果のあるものだったのだと思えばメーカーの思うつぼです。

そういう人たちが多いから、きっと頑張ってメーカーももっと、口コミ偽装をしようするモチベーションが生まれるのでしょう。そろそろ私達も、ネットの口コミに対して、もう少し厳しい目を持つ必要があるようです。

そのとき集計場所も明確でない、信ぴょう性の薄い口コミは信用しないという姿勢を持つ必要があります。実際に記事をライティングしている人が、メタルマッスルHMBを使用して筋肉トレーニングをしていないのは最悪ではないでしょうか。

サプリメントにある程度知識を持っている人たちが書くというのなら、それなり納得も出来るかもしれませんが。

ですから、ここでは、本当の意味で、50種類以上の筋トレ系サプリメントを実際に試した私が、メタルマッスルHMBは一体どのようなものなのか、個人的にですが、暴いてみたいと思います。

メタルマッスルHMBの本当の評価

多くの人たちは、口コミからも、メタルマッスルHMBの本当の姿を知りたいと思っているはずです。それは、口コミにあるいい評価ばかり見ていても、何も見えてこないかもしれません。それぞれのサプリメントにはもちろん売りはひとつふたつあるはずです。そして、メーカーは、売り文句をどうしても繰り返すことになります。言い換えた繰り返されたものを何度見ても私達にはそれ以上のメリットはありませんし、そのとき購入しなければならない気持ちも、繰り返しによって麻酔のように植えつけられてしまうのかもしれません。

そうではなくて、メタルマッスルHMBの悪い評価もしっかり覗き込んで、それぞれのサプリメントには、デメリットも存在しているはずなので、そのことも知り、その上で、どのサプリメントを選択すればいいか考えるのが大事なのです。敢えて、みなさんは、サプリメントのデメリットのあら探しなどすれば、いいサプリメントに最終的に辿り着くと思えるのです。

敢えて新しいサプリメントを求めている人たちに、HMBサプリに期待している人たちが多くいますが、HMBサプリは、新しいサプリメントではないと言いたいのです。HMBサプリの広告として、プロテインの時代は終わりを告げたとか、HMBサプリこそがまさに革命的サプリメントだったとか、様々な一見魅力的なキャッチコピーがつけられていますが、HMBサプリは敢えて言えばそういうものではありません。

そもそも、HMBサプリは、1996年、米国アイオワ州立大学の研究によって、筋肉の分解抑制効果を見つけることが出来、そのあと、サプリメントとして開発されて、既にある程度の歴史と実績のあるサプリメントです。新発売という言い方が、売り文句にはなるかもしれませんが、HMBサプリは、BCAAに代わる新しいサプリメントとして、ブームは既に、過去に存在しているのです。

ただし、日本の人たちが、ブームを知らないのも、ある意味仕方なく、日本の場合では、厚生労働省による食薬区分改正がおこなわれるまで、国内で販売出来ない状態だったのです。厚生労働省による食薬区分改正は、2009年におこなわれているので、日本の多くの人たちは、それ以降、インターネットなどで、メタルマッスルHMBを知ったのではないでしょうか。

新しいサプリメントという言い方は、日本限定であり、あまり、そのような言葉を繰り返す広告にはよろめかない方がいいかもしれません。

新しいサプリメントの期待値

みなさんは、今までいろいろサプリメントを使用して来て、効果が期待出来なかった人もいるでしょう。そのような人たちが、新しいサプリメントが開発されましたと聞けば、今度こそ、効果があるものと期待してしまっていたりします。しかし、新しいサプリメントこそ、期待感はあるかもしれませんが、信用できないものもありません。

メタルマッスルHMBは、少なくとも、そのようなサプリメントではなくて、歴史が既に存在しているから、実際に体験した人たちから、効果のほどを知ることが出来るサプリメントです。

メタルマッスルHMBは実は、純粋なHMBでない

そして、もうひとつ、みなさんが誤解している事として、メタルマッスルHMBは、純粋なHMBサプリではないという問題に触れます。これにも触れておかなければ、みなさんは、メタルマッスルHMBと名が付いているだけに、HMBそのものと勘違いも、当たり前にしてしまうでしょう。そのようなみなさんが悪いというのでは全然ないのです。きっと誇大広告が多すぎて、消費者の考える能力が麻痺させられてもいるのかもしれません。

メタルマッスルHMBは、正確に言えば、HMB以外にも、筋肉トレーニングのためのサポート成分をいろいろ期待出来ます。HMBサプリと言えば、ちょっと語弊があるような感じもありますので、敢えて、私は、メタルマッスルHMBのことを、自重筋トレサプリメントと言いたいのです。メタルマッスルHMBを今から購入しようと思っている人たちは、敢えてこのサプリメントを、「オールインワンサプリメント」と考えてみてください。

実際に、HMBオンリーサプリメントがいいのなら、他にそのような商品が販売されているのではないでしょうか。ボディビルダーやアスリートは、そのようなサプリメントを使用しているのかもしれません。

そもそもメタルマッスルHMBとは何か

メタルマッスルHMBは、株式会社ART OF LIFEが販売しているサプリメントです。株式会社ART OF LIFEは、2016年8月15日に設立しました。住所は、東京都渋谷区道玄坂1-12-1です。

資本金:9,000,000円

代表取締役:山下 永宙

この会社は、通信販売業をメインにして事業をおこなっています。

個人輸入など含めて、どんな会社から、サプリメントや薬を購入しているか判らないまま、買っていることが最近とても増えているようです。少なくても、販売している会社を知る姿勢って大事です。それが悪徳業者に騙されないための第一歩の手順と考えてください。

この株式会社ART OF LIFEが、メタルマッスルHMBのブランド「BELLARE(ベッラーレ)」を展開している会社 です。代表取締役の山下永宙さん(当時34歳)と、ゼネラルマネージャーの柴崎和人さん(当時32歳)の2人で立ち上げた会社です。

GACKTのメタルマッスルHMB

メタルマッスル

それは、「ART OF LIFEのメタルマッスルHMB」なのです。そして、「GACKTのメタルマッスルHMB」です。 なんでメタルマッスルHMBのコマーシャルにGACKTさんが登場するのかといえば、もともと、代表取締役と、GACKTさんに、親交があったようです。

そして、メタルマッスルHMBの開発自体に、GACKTさんが関わったというエピソードも残されています。彼は、山下代表に、彼の抱いていた、HMBサプリに対しての不満、例えばパウダー状であったり、タブレットが大きかったりということの改善を求めたとも伝えられてします。

GACKTさんは、とにかく飲みやすいHMBサプリが欲しいと思っていたようですね。実際に、HMBのタブレットは、横10mm、厚さ8mmほどの大きさが当時一般的だったので、現場でそのような意見が起こっても当然です。それが今まで出来なかったのは、使用している人たちと、作っている人たちの間のコミュニケーションがあまり存在しなかったからとも言えるのではないでしょうか。もちろん、そのような問題は、バッサリと改善されていかなければなりません。

この会社は、まだまだスタートアップ企業なので、フレキシブルに問題を対応するモチベーションを持てたのかもしれないですよね。スタートアップ企業には、デメリットも存在しているのかもしれませんが、充分期待値も大きいですし、それに答えようと頑張ってくれるでしょう。 資本金も免税事業者の上限に近い、900万円に設定し、財務面の信頼性もある程度感じられ、少なくとも、胡散臭い会社ではありません。

あと、時間とともに歴史・実績をもっと持っていただければという感じです。みなさん、ここで言うことをただ信用しないで、株式会社ART OF LIFEの公式サイトで、確認する姿勢を持つようにしましょう。

メタルマッスル製造所固有記号

そして、メタルマッスルHMBは、パッケージの裏の賞味期限横に「製造所固有記号」が記載されています。メタルマッスルHMBの製造所固有記号は「AT」です。「AT」を、「消費者庁」が公開をしている「製造所固有記号制度届出データベース」の検索フォームに入力して検索してみましょう。

製造所固有記号とは、食品衛生法に基づく表示基準において、原則として「製造所の所在地」、「製造者の氏名」の表示の義務付けをしていますが、実際には、表示面積が小さいという理由よって、製造者と販売者を併記できないといった問題があり、本社とは異なる所在地において自社工場で製造したものなどに、本社の名称、所在地を表示する場合、製造所固有記号の表示が許されています。つまり例外として、あらかじめ消費者庁長官に届けをした製造所固有記号をもって表示できるようにした制度が、製造所固有記号制度と考えてください。

ですから、もしも、検索してヒットしないケースは、決して信用できる企業にあるまじき行為です。会社が嘘をついているのなら、そのような会社で絶対に商品を購入するべきでないのは言うまでもありません。 検索していただき、製造所の所在地が佐賀県鳥栖市であれば、正しい情報です。検索して、固有記号「AT」の一覧が出て来ますので、上から7番目の、製造者、販売者の欄には、株式会社ART OF LIFEの名を発見でき、それが、メタルマッスルHMBの情報です。製造所の所在地「佐賀県鳥栖市弥生が丘7-28」も、株式会社ART OF LIFEの公式サイトで公開しているものと一緒です。当然ですが、この会社に、偽り情報は見つかりませんでした。

メタルマッスル製造者の株式会社 東洋新薬

実際に、メタルマッスルHMBを製造している会社は別に存在して、東洋新薬がそれをしています。 株式会社 東洋新薬は、1993年3月19日に創立した会社です。

本部は佐賀県鳥栖市弥生が丘7-28、資本金:50,000,000円。

代表取締役は服部 利光であり、健康食品の受託製造、販売などが業務内容です。

ODMとOEMの両方を行うODEMメーカーです。※OEM生産は、委託者が製品の詳細設計から製作、組み立て図面にいたるまでを受託者へ支給、場合により技術指導も行います。ODM(Original Design Manufacturing)生産は、製造する製品の設計から製品開発までを受託者が行います。パソコン業界および携帯電話業界で幅広く採用している方法です。ODMの知見に支えられた満足度の高いOEM(Original Equipment Manufacturing)の両輪によるODEM という新たなビジネスモデルがあります。

実際には、トクホ(特定保健用食品)事業において、2位の株式会社ヤクルトを4倍以上も引き離している、250件以上の許可取得の数を持った、健康食品の業界では知らない人がいないほど大きな製造メーカーなのです。

メタルマッスルHMBを製造しているのは鳥栖工場ですが、この工場は、厚生労働省もすすめている、厳しい認定基準GMP認定を受けています。GMP認定、(Good Manufacturing Practice)この認定は、原料入庫からはじまり、製造、出荷にいたるまで、全部の過程で、製品が安全に作られ、一定の品質がいつも保たれている製造工程をあらわす管理基準とされています。

更に、GMPだけではなくて、公衆安全衛生における認証システムの「NSF」、食品安全マネジメントシステム「FSMS」、国際規格ISOの「ISO認証」など、世界標準の認証を受けています。認証システムの「NSF」とは、製品やシステムが規格の要求事項やNSFのポリシーに適合するかを確認するプロセスのことです。NSFは100ヵ国以上の国の企業にサービス提供をし、それぞれの国の製品の流通、受け入れをサポートします。NSF認証を取得する企業は、評判を維持出来、リスク管理を行い、公衆衛生に対する責任を果たす上で大きなメリットがあります。

食品安全マネジメントシステム「FSMS」は、Food Safety Management System の頭文字をとったもので、食品安全マネジメントシステムと表記されます。安心・安全な食品を消費者のみなさんに届けるために、食品安全を脅かすハザードリスクをしっかり管理する仕組みによる保証を目指すものです。

国際規格ISOの「ISO認証」は、スイスのジュネーブに本部を置く非政府機関 International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称です。ISOのメインとする活動はワールドワイドに通用する規格を制定することであり、制定した規格がこのISO規格です。このような方法によって国際的な取引をスムーズにし、世界中で同じ品質を、同じレベルのものを提供できるようにしましょうという国際的基準です。

包装後は全数X線検査

そして、メタルマッスルHMBは、製造過程において、包装後は全数X線検査もおこなっていますし、信頼面では全く疑いの余地はないと言って問題はありません。

メタルマッスルHMBについてもっと知る

次は、メタルマッスルHMBの商品自体を掘り下げてみましょう。 それは、みなさんが必要としているごくごく当たり前の情報です。

メタルマッスルHMB:内容量180粒
配合成分数は13種類
1食分の粒数 6粒

1食分のHMB量1,600mg。

そして定期価格は6,480円です。

メタルマッスルHMBに配合されている筋肉の成長に有効な成分は、HMBを含めて、「13種類」です。 「13種類」の成分があるのが、まさにメタルマッスルHMBの特徴であり筋トレする人たちに、きっと満たされた効果を提供してくれるはずです。

筋トレする人たちに、メタルマッスルHMBが、筋肉の合成を促してくれ、筋肉の分解抑制に大いに期待でき、疲労回復も抜群、そして、栄養吸収力をアップ出来ます。

HMBは、「筋肉の合成促進」と「筋肉の分解抑制」

クレアチンは「筋肉の合成促進」

BCAAは、「筋肉の合成促進」と「筋肉の分解抑制」

グルタミンは、「筋肉の合成促進」「筋肉の分解抑制」「疲労回復」

オルニチンは、「筋肉の合成促進」「疲労回復」

フェヌグリークは「疲労回復」

コエンザイムQ10は、「筋肉の合成促進」

トンカットアリは、「筋肉の合成促進」「疲労回復」

シナモンエキス(シニュリンPF)は、「栄養吸収力向上」

赤ワインポリフェノールは、「疲労回復」

黒胡椒エキス(バイオペリン)は、「栄養吸収力向上」

黒生姜エキスは、「筋肉の合成促進」「疲労回復」

ビタミンEは「疲労回復」

いかがでしょうか。メタルマッスルHMBには、これほど自重筋トレをしている人たちにとって魅力的な成分が入っているのです。注目すべきは、もちろんHMBだけではありません。

現在発売されている筋トレサプリでは、株式会社SELMOREのマッスルエレメンツもに人気商品です。マッスルエレメンツもいいとは言いたいですが、「クレアチン」「BCAA」「グルタミン」のうち、「BCAA」と「グルタミン」が配合されないというのは、ちょっと問題ありという感じではないでしょうか……。もちろん、それを知って購入するのなら何も問題はありませんが。

やはりメタルマッスルHMBが成分的にはオススメですね。栄養成分を知れば、まさに、一番優秀なサプリメントはこれです。

最初に、口コミなど記事をあまり信用するなという話しをして来ました。つまり、みなさんは、そのままこの記事についても鵜呑みにすべきではないのです。ああ、この記事ではこんなことを言っているな程度で聞いておき、あとは自分自身で、公式ホームページなどでしっかりチェックするモチベーションが大事です。

メタルマッスルHMBの大きさがいい

メタルマッスル

実際に、内容はさておき、メタルマッスルHMBの大きさがいいという人たちが多くいます。実際に、メタルマッスルHMBが内容共々いいですよと言っても、個人差があり、効果が期待出来ないという人たちも中にはいます。それはこのようなサプリメントにおいて仕方のないことなのですが、形なら、共通して、いいと言ってもらえるでしょう。

メタルマッスルHMBが、そのような形にする以前に、なぜ他のサプリメントがそうしなかったのか不思議な感じもあります。形をしみじみ見れば、ちょっとしたアイデアが大きなアイデアなのです。飲みやすさを求めていたGACKTさんも満足のサイズがこれであり、形はフリスクに似ている感じで、

他のHMBサプリと比較して、厚みが約半分であり、これなら抵抗なく飲み続けられるであろうという感じです。通常は3粒を1日2回くらいが目安ですが、面倒な人は一度に6粒でも問題ありません。

メタルマッスルHMBの味はどんな感じなのか

そして、味の問題にもちょっと触れてみましょう。

というものの、メタルマッスルHMBに味はありません。無味ですが、若干苦みはあるようです。無味と言いますが、それでもわずかなシリアルのようなニオイはあるというのが正しい言い方です。でも、噛むサプリメントではありませんので、味の問題は、これ以上拘る必要もないでしょう。

実際にメタルマッスルHMBはどうなの?

メタルマッスル

実際に、メタルマッスルHMBは、筋トレをしている人たちが使用するに値するサプリメントなのでしょうか。実際に、メタルマッスルHMBに疑いの目を持ち、デメリットを知るのも大事だとお話しをしました。

しかし、実際には、メタルマッスルHMBにこれと言ったデメリットは見付からない結果です。少なくとも、自重筋トレをしている人たちにとって、使用して無難な、選択肢のひとつには必ずはいるべきサプリメントです。あとは、みなさんが更に、比較して、自分自身にとって一番メリットの大きなサプリメントを見つけるようにしてください。

最後にですが、メタルマッスルHMBが、発売された当初、HMBサプリは、HMB配合量は1,500mgが主流だったのですが、メタルマッスルHMBは、頑張って1,600mgの量なのです。だから、もちろんHMBを売りにしているのも間違いはありませんが、現在では、メタルマッスルHMBに負けまいとして、1,800mgや2,000mgなど、より多いHMBを配合した後発の筋トレサプリメントが登場して来ています。

ですから、最近では、メタルマッスルHMBは、HMBをそれほど売りにも出来なくなってしまったのです。だから、メタルマッスルHMBが駄目とか、そういう問題ではなくて、先ほどからお話ししているのは、豊富なサポート成分のバランスに注目していただきたいのです。

実際に、メタルマッスルHMBを売ることに社運がかかっているので、メタルマッスルHMBの広告も一杯見るでしょう。評価の高い広告を見れば、まだまだちょっと怪しいという気分になってしまう時があるかもしれませんが、広告にお金をかけている商品は基本的には、価格も広告費用を補うためつきあがる傾向があるものの、それほどメタルマッスルHMBの料金が高くないことが、かなり評価に値するのではないでしょうか。

そんなに高いHMBサプリでは、長く、筋トレと同時使用も出来ないですよね。ついついお金のために、続けるのを断念してしまうのも、決してあってはならないです。 メタルマッスルHMBは、長く続けるために、選択されるべきHMBサプリではないでしょうか。 メタルマッスルHMBでは、現在、毎月300名限定で、初回500円キャンペーンを実施中です。30日間全額返金保証付きなので、身体に合わなかった場合は返金することも可能です。こんなお得情報がありますが、キャンペーンは期間限定です。HMBサプリとともに、筋トレするのもまさに今なのかもしれません。

 

関連記事
メタルマッスルHMBの全成分を確認してみた!購入でわかったこと。

メタルマッスルと組み合わせるべき2つのガクト式腹筋と失敗しない3つのポイント。

HMBサプリを有効的に使用するテクニック

メタルマッスルHMBは何が評価されているのか