HMBサプリに対しての正しい理解からはじめる 本当におすすめのHMBサプリは……?

HMB

HMBサプリがとても話題ですが、ただ購入して摂取するだけというのでは、あまり効果的な使い方ではないのかもしれません。そこでもっとHMBサプリに対して、正しい知識を持つ必要があるのではないでしょうか。

HMBサプリとは、3-Hydroxy 3-MethylButyrateを略したものであり、3-ヒドロキシイソ吉草酸が正しい言い方です。 必須アミノ酸の一つであって、ロイシンの代謝物として知られているものです。

HMBサプリは、海外では1996年に米国アイオワ州立大学の研究によって、筋肉の分解を抑制する効果が発見されてから、2000年には米国のフィットネス業界や、サプリメント業界において既に一大ブームを起こしています。 日本人の方々はちょっと幾分ブームに乗り遅れた感じになりますが、2009年になってようやく、食薬区分改正で「非医薬」に認められ、販売可能となり、一気に話題になったのです。

そのとき、HMBサプリの存在とともに株式会社ART OF LIFEという会社の名前も知ったという人たちもいるのではないでしょうか。HMBを、メタルマッスルHMBとして知ったという人たちもいます。

でも、話題になるから、メタルマッスルHMBを使用するというモチベーションでは、そのサプリメントがどういうサプリメントなのか正確に判ったという意味にはなりません。 私達はひょっとしたら、大衆誘導で、同じサプリメントを使用すれば安心出来るから利用しているに過ぎないのかもしれません。薬は、医師が指導をしてくれるから、ある程度信憑性を持つことが出来るものの、サプリメントなどは、やはり、私達自身がある程度、しっかりそのサプリメントがどのようなものか見極める必要があるのではないでしょうか。

みなさんにもHMBなどサプリメントを見極める正しい目を持っていただきたいのです。

HMBサプリにどのような効果が期待出来るのか

本当のところ、HMBサプリにどのような効果が期待出来るのか理解をしていらっしゃるでしょうか。HMBサプリで注目すべきポイントは、筋肉の分解を抑制する効果です。みなさんが、自重筋トレなどするとき、筋肉に注目すれば、分解と、合成の繰り返しなのです。そのとき、筋肉の分解をある程度阻止出来れば、除脂肪体重の効率的な増加に繋げられます。

同時にみなさんは、HMBサプリだけでなく、BCAAにも注目していたりするのではないでしょうか。しかし、具体的にBCAAとどう違うのか説明出来る人ってどの程度いるのでしょうか。HMBとBCAAは両方アミノ酸なので、物質的には同じ部分を持っています。BCAAは、バリン・ロイシン・イソロイシンであり、3つのアミノ酸が結合している状態なので身体への吸収が遅いという欠点を持っているようです。

一方でHMBサプリは、ロイシンの代謝物であり、大きさが違うので、身体へと吸収されるまでのスピードが違います。そして、30分程度の短時間で行われる、筋肉の損傷が激しい強度トレーニングにおいても、HMBサプリは、BCAAよりも筋肉の分解を抑制をしたというデータも既に残されています。

HMBサプリは、医療の現場でも使用されている

実際には、海外では、HMBが、医療現場においても使用されていたりします。それは、がん患者やHIV患者の筋肉減少の抑制にも効果が期待出来ます。

日本の場合、まだまだ出遅れ感はありますが、厚生労働省が公表している「日本人の食事摂取基準策定検討会報告書」においては、筋力が低下しやすい高齢者に対して、HMBサプリの摂取がすすめられていたりします。

HMBサプリは、高齢者の人たちにもおすすめ?

特に高齢者の方々は、年を取れば段々と筋肉がつきにくくなり、その原因は、運動量が減ってしまい、運動能力が低下するなどを考えることが出来ます。だから、高齢者の方々は、筋肉が衰えてしまい、躓いたり、骨折が簡単に起きてしまうのです。一度、骨折してしまえば、高齢者の方々は、寝たきりになってしまう傾向も非常に高く、なんとしても長生きするために、しっかりと筋肉と向きあう必要があります。

そのとき高齢者の方々には、筋肉増強をサポートしてくれるサプリメントは、かなり有効的と考えていいでしょう。

筋肉の合成促進 にHMB

HMBサプリは、 筋肉の分解抑制だけでなく、たんぱく質合成を誘導する効果が期待出来るとも言われています。筋トレによって、筋肉に対して傷がつき、傷を修復するためには、3日ほど日にちがかかるとも言われています。その修復時にはおいて、ダメージを回復させるためには、一時的に筋肉は大きくなり(超回復)筋肉トレーニングによって、筋肉は肥大化していくことになります。筋繊維が損傷を受ければ、乳酸が蓄積され酸性向きになります。すると、筋肉の収縮がスムーズでなくなり、筋肉は、大きくなることで、乳酸の濃度を薄め、酸性の状態から開放しようとします。

超回復に必要な栄養として、プロテインも知られています。プロテインは体内では作れない9種の必須アミノ酸を含む、20種のアミノ酸をまんべんなく摂取出来ますが、プロテインは運動後30分以内の回復のゴールデンタイムに吸収が間に合わない事が欠点としてあげられています。吸収までに約1時間~4時間かかるとも言われていますので、継続して使用するモチベーションを持ち、即効性よりも、持続性を意識して使用するといいでしょう。

プロテインが吸収されるには、タンパク質から、ペプチド、アミノ酸と順番を辿る必要があり、そのとき、HMBならそのままアミノ酸の中のロイシンとして吸収されるのでスピーディーに筋肉にまで到達します。

【Steven L. Nissen教授が実施した実験によれば】

1996年に医学誌「Journal of Applied Physiology」にも掲載されていますが、最も有名な実験は、「HMBの父」とも呼ばれる、Steven L. Nissen教授が実施した実験では、HMB 未摂取(コントロール群)と HMB 1.5g/日摂取、HMB 3.0g/日摂取の三つのグループに分けて、同じ強度の筋トレを3週間してもらう実験を行いました。

そして、それぞれの筋力変動量を比較してみました。実験の結果、特に1日3g摂取したグループの場合、未摂取群の約2倍の伸び率を記録しています。間違いなく、実験の結果は、HMBの摂取量に応じて、筋力が比例して向上している事を教えてくれていたのです。

英文ですが、【Effect of leucine metabolite b-hydroxy-b-methylbutyrate on muscle metabolism during resistance-exercise training ? Journal of Applied Physiology】などホームページがありますので、参考にしてみてください。

HMBサプリの効果的な飲み方

次に、HMBサプリの効果的飲み方について勉強してみましょう。 クレアチンなどのサプリメントでは、オレンジジュースの酸とか、コーヒーのカフェインで変性してしまうリスクもあり、同時摂取がNGとされる飲料がいくつかありますが、HMBサプリの場合は、敢えて、そのような心配しなければならない飲み合わせの悪い飲み物はありません。

ですが、実際にはHMBサプリは、まだまだ歴史も浅いサプリメントなので、現在はまだ研究過程とも言えますので、今後何かしら影響を与える飲み物が見つけられるかもしれません。 実際に、リスクなく摂取しようというモチベーションを持つのなら、どのようなサプリメントに対しても、水で飲む習慣を持つのが無難です。

HMBサプリはいつ飲めばいいか

そして、HMBサプリは、いつ飲むのが効果的なのでしょうか。これも初心者の方々が抑えておかなければならないとても大事なことです。レーニング中における筋肉の分解抑制が目的なら、やはり、摂取するタイミングは、トレーニングの前という感じではないでしょうか。HMBサプリは、体内への吸収スピードが比較的早い特徴があるので、10分~20分前に摂取すれば、トレーニングスタート直後からいい効果を得るることができます。

クレアチンは併用するといい?

段々と、自重筋トレなどしている方々が、プロテインでは物足りないという思いが起こってきてるようです。HMBサプリとともに、クレアチンに注目している人たちも多くいます。必須アミノ酸「ロイシン」の代謝物質で、筋肉の合成促進・分解抑制効果があるというのが、HMBサプリであり、クレアチンは、たんぱく質に含まれないアミノ酸の一種で筋肉中に存在し、エネルギー源となってエネルギーを作り出すものです。

ということは、HMBもクレアチンも同じアミノ酸のひとつなのです。しかし、大きな違いは、たんぱく質に含まれるアミノ酸なのがHMBサプリであるのに対して、たんぱく質に含まれないアミノ酸なのが、クレアチンです。 筋肉を作ったり守ったりする役割を持つのがHMBサプリなのに対して、クレアチンはエネルギーを作り出す役割をもち、働きも違うと考えてください。筋肉の分解を抑えるストッパー役とか、筋肉を素早く作らせるブースター役といえばHMBサプリのことをいい、クレアチンは、スピーディーにエネルギーを作り出すガソリンのようなものとして考えてください。

筋トレをする人たちは、敢えてHMBサプリと、クレアチンどっちにしようか迷う必要は全然なく、「併用」という姿勢で、より大きなメリットを得られます。HMBとクレアチンを同時に摂ることで、筋トレや運動に必要なエネルギーをスピーディーに作り出せ、筋肉の合成を促進させ、筋肉量アップの効率化を図ることができます。

クレアチンの効果を実感できる摂取量は1日あたり3~5gと言われています。推奨摂取量を大幅に超え摂取しても、体内に貯蔵しておくことが可能とは言われています。 HMBの効果を実感できる摂取量は1日あたり1.5~3g(3gまでは、筋肉の分解抑制効果が上昇したという研究記録が残っています)と言われ、これ以上摂取しても無駄になってしまうのも注意しなければならないポイントとして考えてください。

HMBサプリは、アミノ酸の代謝物なので、過剰摂取による副作用の心配は、ほぼありません。クレアチンもサプリメントで適量を摂取することは、基本的に問題なしとされています。クレアチンは肉や魚などの食品に自然に含まれる物質である上に、体内でも合成し存在しているからです。しかし、それでもクレアチンは多量に摂取すれば、尿量が増える副作用などが報告されているのでちょっと注意は必要なようです。

HMBサプリも実際には、1日3g以上の摂取には注意した方がいいでしょう。 2000年カンザス大学のPhilip Gallagher博士が、ボールステイト大学で行った検証実験において、HMBを6g以上摂取したら、筋量が低下する可能性があるという結果報告が出ています。筋トレして、いい成果を期待したいというのに、逆効果になってしまう可能性もありますので、やっぱり、サプリメント摂取においてもルールを守る姿勢は必要になって来ます。

HMBサプリに対しての注意点

更にHMBサプリに対しての注意点などについてお話しを進めて行きます。 自重筋トレをしている人たちは、HMBサプリには二つの種類が存在していることをご存じでしょうか。 それは、100%HMBサプリとして販売されているものがあり、もうひとつは、クレアチンやBCAAなどのHMBサプリ以外の成分も、同時に配合されているものです。

HMBサプリという名前だけで購入すれば、自身で考えていたものとは違うサプリメントを手にしていたというのも、起こりうる問題なので注意をしてください。みなさんが、HMBサプリの評判を信用して購入する場合は、配合されている成分が何かをしっかりチェックする姿勢が大事です。

別に後者のサプリメントが悪い訳ではありませんが、もしも、みなさんが自重筋トレのとき、何か他のサプリメントを併用したいと考えたとき、アレンジの計画が狂ってしまうかもしれないですよね。初心者の人たちは、後者でも判っているのならいいかもしれませんが、ボディビルダーやアスリートなどは、 純粋なHMBを購入するのも方法です。

後者の場合、 初心者の方々には、クレアチンやBCAAや、あれこれ違いを考える面倒くささもなくていいかもしれません。

結果おすすめのHMBサプリは何?

結果、私達は、筋肉トレーニングをするとき、どのようなものを選択すればいいのでしょうか。ここでみなさんに、おすすめHMBサプリを、紹介しましょう。

■メタルマッスルHMB

メタルマッスル

いま、多くの人たちに注目されているサプリメントといえば、メタルマッスルHMBです。 メーカーは株式会社ART OF LIFEです。

粒数(入数):180粒
粒数(1食):6粒
1食分のHMB量:1,600mg

そして定期価格は6,480円です。メタルマッスルHMBの配合成分数は13種類です。

メタルマッスルHMBは、ミュージシャンのGACKT(ガクト)さんも愛用しているサプリメントなので、多くの人たちは既に、この名前を知っているのではないでしょうか。ミのGACKTさんは、社長の知り合いで、いろいろと開発に当たり、アドバイスなどもおこなっていると言います。GACKTさんのようなスタイルになりたいのなら、やはり、選択肢はこのメタルマッスルHMBではないでしょうか。

ただし、メタルマッスルHMBは、純粋HMBのジャンルではありません。メタルマッスルHMBには、筋肉の合成・修復をサポートする3大成分「クレアチン」「BCAA」「グルタミン」にプラスα、栄養の吸収を高める「バイオペリン」、ホルモンバランスを整える「フェヌグリーク」など、13種のサポート成分を期待出来ます。

つまり、メタルマッスルHMBは、HMBサプリというだけでなく、オールインワンサプリとして捉えるべきではないでしょうか。純粋HMBサプリがいいというのなら、他に選択肢がありそうです。筋肉トレーニングしている人たちが、見極めなければならないのはここの部分です。筋トレ初心者の方々は、もちろんメタルマッスルHMBを選べば間違いはありません。現在、毎月300名限定ですが初回500円キャンペーンを開催中です。はじめての方々も購入したいモチベーションが俄然アップしたのではないでしょうか。そして、万が一、自分の身体に合わないのなら、30日間全額返金保証もあります。

■バルクアップHMBプロ

そして、次におすすめは、バルクアップHMBプロです。 メーカーは株式会社bondsです。

粒数(入数):150粒
粒数(1食):5粒
1食分のHMB量:2,000mg。

定期価格は5,950円です。配合成分数は6種類です。

フライパン曲げ世界記録保持者の芸人、ジャスティス岩倉さん愛用のサプリと言えばこれです。メタルマッスルHMBと比較をして、やや配分成分が少なくなるものの、「クレアチン」「BCAA」「グルタミン」などはしっかり期待出来ます。そして、HMBは、業界最高水準の2,000mgです。

毎月先着300名限定の500円キャンペーンも現在おこなわれており、求めやすい価格もメリットです。これなら長く続けられるのではないでしょうか。 全額返金保証は90日間あります。 キャンペーンなどは、期間限定なので、タイムリーなものは公式ホームページで確認してください。