ニートゥチェストで腹直筋下部を鍛えてお腹の脂肪を燃やす!

自重トレーニング

普通の腹筋ではお腹痩せしない!ニートゥチェストで下腹を集中ケア

ニートゥチェストは運動では落ちにくい下腹の脂肪へアプローチする効率的な腹筋の筋トレです。

器具を使わないでも自宅で細マッチョな身体を作れる筋トレメニュー。

ガリガリで薄い腹筋の方でも負荷が大きくないのトレーニングなので、すぐに始めることができるでしょう。

ニートゥチェストで腹筋を磨いていきましょう。

ニートゥチェストとは?

床に座った状態で行うニートゥチェストは、腹直筋下部を鍛える筋トレ方法です。

器具も使わない自重トレーニングなので今日からすぐに取り組むことができます。

難易度も高くないが、下腹に効くので、初心者の方は腹筋が筋肉痛になるかもしれません。

腹直筋上部を鍛えるクランチなどと組み合わせて取り組んでもらうと効果的。

椅子を使ったチェア・ニートゥチェストなどのバリエーションもあります。

腹直筋下部とは?

腹直筋は上の図の赤い部分で腹部の全面に位置し、現代の鍛えられた美しい身体の象徴でもある

シックスパックはこの腹直筋を鍛える事で作ることが出来ます。

細身のスーツのジャケットを脱いだときに、シャツの下に感じる硬い腹筋は男性のもっともセクシーな筋肉といえるでしょう。

また最近の筋肉女子の間でもシックスパックのある腹筋は、まず最初に作り上げたい筋肉といえるでしょう。

他の筋肉はそこそこでも、腹筋だけは鍛えたい。

この腹筋が腹直筋です。

そしてその下の部位の腹直筋下部は通常の腹筋ではなかなか鍛えにくい部分と言われています。

お腹の脂肪を燃焼させるには重要な腹直筋下部。

ニートゥチェストは腹直筋下部にダイレクトにアプローチする筋トレですので、細マッチョ筋トレぜひ挑戦してみてください。

ニートゥチェストのやり方

ニートゥチェストはクランチなどの多くの腹筋トレーニングが、上半身を使って腹直筋にアプローチするのとは反対に、足を動かすことで腹直筋下部を鍛えるトレーニングです。

①床に座り、手は体よりも後ろに手のひらを後ろ向きにおく。

②両足は揃えてヒザを軽く曲げておく

③お腹の下の腹直筋下部を意識しながら、息をはいて足を体に引き寄せていく。(背中を丸めながらやると腹直筋下部を収縮させやすい)

④ヒザを胸につけるようなイメージでゆっくり足を引き付ける

⑤1秒ほど静止したのち息を吸いながら足を伸ばしていく。

この時に足を床につかないようにする。

ニートゥチェストの動画

ニートゥチェストのポイントとコツ

ニートゥチェストの注意するべきポインテは次の3つです。

足はそろえて床につけない
・ニートゥチェストでは両ひざつけた状態で行う。伸ばした時も床につけない。

下腹に意識を集中!
・足の筋肉で引き寄せるというより、お腹を凹まして上半身を丸めることで足を引き寄せる。

呼吸に気をつけてリズムよく
・息を大きく吐き切ることでお腹を引っ込める腹筋には常に力が入った状態をキープ。

ニートゥチェストのおすすめ回数とセット数

今回の筋トレメニューのニートゥチェストは動きは難しくないのですが、腹筋に常に意識をしながらやるのがポイントです。

スピードや回数にこだわるよりも正しい動きにこだわりましょう。

初心者向けニートゥチェストの回数とセット数

呼吸と腹直筋への意識さえできれば、初心者の方は最初、筋肉痛になるでしょう。

1日10回の3セットを目指してやってみてください。

途中のインターバルは1分以内。

お腹の脂肪を燃焼させて、スッキリとしたウエストで細マッチョへの第1歩です。

中級者向けニートゥチェストの回数とセット数

慣れてきたら20回を3セットを1日の目標にしてください。

ゆっくりと足の方向がずれないように同じ軌道で繰り返してください。

メタボの方はこの回数を続けるだけで、ポッコリお腹をヘコませられるでしょう。

上級者向けニートゥチェストの回数とセット数

20回の3セットも余裕になってきたら、椅子の上に座って同じ動きをするチェアニートゥチェストに挑戦してみてください。

シックスパックが腹筋に見えてくるでしょう。

バランスを取る必要が出てきますので腹横筋などの体幹も同時に鍛えられます。

ニートゥチェストは何日おきにやればいい?

ニートゥチェストは週に3回のペースでやってもらうとだんだんと効果が出てくるはずです。

動きは単純ですが、綺麗な正しい動きでやることで少ない回数でも効果的な筋トレとなります。

応用編のチェアニートゥチェストは中級向け以上ですが、腹筋周りの筋力や体幹も鍛えられるバランスの良い筋トレメニューです。

初めは手すりのある椅子を使うのがやりやすくておすすめです。

お腹の脂肪を燃やす!腹直筋下部を鍛えるニートゥチェストの効果的な方法とコツ

筋肉質で美しい体、細マッチョを目指すなら必ず鍛えておきたい腹直筋下部。

お腹の脂肪が気になる方や筋力に自身がない人にもおすすめの自重トレーニングがニートゥチェストです。

背中を丸めてお腹に力を入れることでブレずに足を引き寄せられるように意識しましょう。

ニートゥチェストと合わせてトライしたい筋トレメニューはこの4つ!

腹筋 筋トレ。自宅トレーニングの基本!腹直筋を鍛える正しいクランチの効果的な方法とコツ

2017.07.28

体幹と腹横筋を鍛えて軸を鍛える!腹直筋に効くドローインの8つの手順とコツ

2017.07.30

自宅でシックスパックを手に入れろ!腹直筋を鍛えるヒールタッチクランチの効果的な方法とコツ

2017.07.29

下半身と体幹を同時に鍛える!ランジの効果的な方法とコツ

2017.08.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です